更新日: 2020年07月09日

【予告・洋画】有名曲を実写化くるみ割り人形と秘密の王国』が、派手なバトルなどで良さそう

(〃゚3゚〃)
あー、先月はあまり映画館いけなかったなー。面白い作品はないかな~。


(*・ω・*)o
MGさん、最近は『美女と野獣実写版』などでヒットを飛ばしたディズニーが、また派手そうな実写映画を作っているらしいよ。
お題は『くるみ割り人形』だって。


(〃゚3゚〃)
『くるみ割り人形』か、チャイコフスキーの曲にそういうのあったな。ミュージカル系か?
しかし、美女と野獣でも、ミュージカルにラブコメやバトルなどを総合的にぶっこんできたからな、ちょっとチェックしてみるか。


(*・ω・*)o
わたしも気になってたんだ~。予告編チェック・紹介おねがいします!


(〃゚3゚〃)
あいよ!


『くるみ割り人形と秘密の王国』 予告編/データ/メディア紹介例

予告編/データ

アメリカ公開:2018年11月2日
日本公開: 2018年11月30日
監督:ラッセ・ハルストレム ジョー・ジョンストン
映画ストーリー&脚本: アシュリー・パウエル
製作:マーク・ゴードン, p.g.a. ラリー・フランコ, p.g.a.
衣裳:ジェニー・ビーヴァン
指揮:グスターボ・ドゥダメル
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演:キーラ・ナイトレイ、マッケンジー・フォイ、エウヘニオ・デルベス、リチャード・E・グラント、ミスティ・コープランド、ヘレン・ミレン、モーガン・フリーマン

メディア紹介例/オフィシャルサイトは?

■シンデレラ&ベルに続く新たなプリンセス“クララ”に注目『くるみ割り人形と秘密の王国』(cinemacafe.net)
https://www.cinemacafe.net/article/2018/10/06/58546.html

■『くるみ割り人形』ディズニーにより実写映画化、キーラ・ナイトレイやモーガン・フリーマンら出演(fashion-press.net)
https://www.fashion-press.net/news/39642

■『くるみ割り人形と秘密の王国』オフィシャルサイト
https://www.disney.co.jp/movie/kurumiwari/about.html

『くるみ割り人形と秘密の王国』の元ネタ・原作ってあるの?

(〃゚3゚〃)
さて今回の『くるみ割り人形と秘密の王国』だが、予告編のBGMやタイトルからもわかるとおり、バレエ組曲「くるみ割り人形」が元ネタだな。チャイコフスキー作曲のバレエ組曲で、複数の楽曲が含まれるが、『第2曲 行進曲 (Marche)』『第8曲 花のワルツ』(演奏会バージョン)などが有名だろう。


(*・ω・*)o
ここら辺は有名なクラシック曲だから、バレエや吹奏楽以外でも、聴いたことがある人は多そうだね。


(〃゚3゚〃)
さらに、その原作になった童話が『くるみ割り人形とねずみの王様』だ。くるみ割り人形とねずみがドンパチやる作品っぽい。
『くるみ割り人形と秘密の王国』では、主人公がクララのようだが、これはバレエ版準拠のようだな。映画を見る前に曲を聴いたり、童話を読んでおいたりすると、本編がよりわかりやすくなるかもしれん。


(*・ω・*)o
あれだね、キミスイ見る前に『星の王子様』を読んでおくとわかりやすいみたいな感じだね。


(〃゚3゚〃)
まあ『星の王子様』は原作ではないが、だいたいそんなところだな(笑)


『くるみ割り人形と秘密の王国』の良さそうなポイント

主人公クララ(演:マッケンジー・フォイ)が超かわいい

(〃゚3゚〃)
主人公クララは、マッケンジー・フォイが演じるぞ。かつては『インターステラー ・リトルプリンス 星の王子さまと私(英語版声優)・H&M広告モデル』などを担当した女優だ。おっさん的視点で申し訳ないが、この方が超かわいい


(*・ω・*)o
わぁ、めっちゃ美人!モデルさんということで、女性の方は、メイクや服なども真似しても楽しそう。
映画のヒットしだいでは、インスタフォロワーも爆発的に増えそうだね。


(〃゚3゚〃)
この手の映画なら、『男しか見にこない』みたいな展開は、まずないから、ファン層もバランスよく拡大するだろうな。


全体的にカラフルで鮮やかな世界

(〃゚3゚〃)
あとは、世界観のバリエーションもポイントといえそうだ。4つの世界を冒険していく感じになるが、それぞれ特徴をだしつつ、カラフルな感じになっている。最終章のところだけ、バトルを想定して暗めになっているが、エンディングでどうなるかも気になる。まぁ、ディズニーだから、この世界での問題が解決したら、派手でカラフルな感じになるだろう(笑)


(*・ω・*)o
全体的にカラフルだね!こういうカフェあったら行きたい!作ってよ(笑)


(〃゚3゚〃)
内装でいくらかかるかわからんわ(笑)


重厚な建物デザインや、スチームパンクなメカニック

(〃゚3゚〃)
ここからは、ちょっと男の子にもおススメできそうなポイントだ。予告編で見た限りだが、建物デザインなどは非常に重厚にできている。
また、歯車がまわるようなメカニックが随所にでてきていて、蒸気機関などがくわわれえば、スチームパンクっぽい感じもたのしめそうだ。


(*・ω・*)o
最近のCGってスゴいねぇ・・・


バトル・アクション要素も多めにありそう

(〃゚3゚〃)
原作ではねずみ王国との戦闘という要素があったが、『くるみ割り人形と秘密の王国』にもアクション・バトル要素がありそうだ。ダイブするシーンのほか、予告編でも敵勢力の存在が示唆されていて、剣による近接戦闘や格闘戦のようすが伺える。


(*・ω・*)o
ねずみ王国っていうよりは、人形の姿をした敵キャラっぽいね。ここら辺はバトルを想定して改変があったのかな?


(〃゚3゚〃)
かもな。
実は『味方のくるみ割り人形が、敵勢力出身』とか、エモい要素もぶっこんできそうだな(笑)


(*・ω・*)o
それありそう(笑)


あとがき&公開日は?

(〃゚3゚〃)
元ネタが童話&バレエ曲ということで、実写化では、ディズニーお得意の派手目ファンタジー&ミュージカル作品になりそうな印象をうけました。しかし、予告編を見た限りだと、バトル要素もありそうで、総合的に楽しめそうです。
日本公開日は、2018年11月30日がアナウンスされています。


関連記事

映画スカイ・ハイのネタバレ含むキャラ・あらすじ~バトル・ラブコメ・友情・スクールカースト問題を含みつつ、サックリ見れるヒーロー養成学園もの!
映画『キャプテン・マーベル』は、なぜ微妙なのか?→長い内省的サスペンス描写・窃盗・パワー代償・雑な戦闘描写&人間関係etc
映画・ラバランチュラ 全員出動!(あらすじネタバレ含む)紹介~ポリアカ&鮫台風ファン向けなディザスターバトルアクション・一部グロい描写に注意
映画・わたしを離さないで(あらすじネタバレ・小ネタ含む)設定/人物の解説をするよ!
映画シャークネード カテゴリー2あらすじ・ネタバレ~ヒロイック・壮大・おバカ感を味わうなら2からがオススメ!