更新日: 2020年06月01日

檻ノ中のソリスト2話・あらすじ感想~もう弟を助けに行く早い展開、踊るようにナイフで戦うクロエが超強い!

(*・ω・*)o
お疲れMGさん、以前このサイトで紹介&絶賛してたジャンププラスの『檻ノ中のソリスト』2話が公開されたよ!
2週間ごとだったけど、今回も60ページ越えのボリュームで、『弟救出&バトル』といったような、めまぐるしい展開だって。


(〃゚3゚〃)
マジかよ、ジャンプラは攻めてるな~。バトル展開というと、1話でも出ていた大佐や傭兵・クロエがどのように戦うかも気になっていたところだ。


(*・ω・*)o
それがね、大佐たちは戦っていないみたい。それどころか2話でいきなり弟を助けに潜入とか、早い展開のようだよ。


(〃゚3゚〃)
今回も面白そうだな、さっそく内容をチェックしてみるか!


(*・ω・*)o
はーい!


「檻ノ中のソリスト」2話はこんな感じ(あらすじ・感想)・早くも弟を救出に旅立ち、踊るようなバトル描写もある激しい展開へ

(〃゚3゚〃)
2話は、1話の舞台となった、監獄街へ向かう列車の様子から始まる。囚人を搬送している描写のようだ。子どもの写真を見ているフードの人物がクロエだろう。
どうやら、1話から時間が経過して、弟の救出に動き出したと考えられる。この中で、他の囚人たちとの会話も見られるぞ。幼いきょうだい(妹のほうは、トリコという名前が判明している)も容赦なく投獄される、かなりハードな描写も見受けられる。


(*・ω・*)o
パンを盗んで投獄って、映画とかにもあったよね。


(〃゚3゚〃)
それは『レ・ミゼラブル』だな。ジャン・バルジャンは刑期を終えることができたが、この囚人はある意味終身刑みたいなものだな。このきょうだいを見て、クロエが『あの子も11歳』といった描写で、時間経過が10年近くあったと推測できる。


(*・ω・*)o
クロエの弟のロックは、お姉ちゃんのこと覚えてるといいけどね!生存可能性があるのは、ちょっとだけ希望だよね。


(〃゚3゚〃)
だな。
その後は、監獄街へ入る。ここでは、入り口付近のフェンスにガラの悪いギャングがいっぱいいて、新入りを襲撃しようと狙っているようだ。逃げ切れば生存、捕まれば死という状況で、新規入所の囚人は、ギャング囚人から逃げようと必死だ。だが、先ほどのお兄ちゃんの方がギャングに切られ、負傷してしまった。


(*・ω・*)o
ああっ、小さい子まで捕まっている!お願い助かって!


(〃゚3゚〃)
先ほどの子どもたちが大丈夫かはちょっと置いて、場面が切り替わった。
1話で脱獄に成功した『ロス・サントベルク大佐とハチ・ベアーマン』が会話している様子だ。『懐かしい写真』というフレーズから、クロエが彼らの元で成長し、力を蓄えてきた様子が読み取れそうだ。大佐は、昔からクロエの強さの資質に気づいていたようだ。


(*・ω・*)o
くまさんって、ほんとに犯罪者なのかな、かなり優しいんだけど(笑)


(〃゚3゚〃)
しょうがなく戦争してた&敵国の人を傷つけたり殺してしまったってだけで、根は悪い人ではないのかもしれないな。大佐たち三人は。
で、監獄街のシーンに戻るぞ。
ファイアパンチの1話のような構図で(笑)、殺されかけたトリコを助けに来たのは、なんとクロエだった。踊るように鮮やかなナイフさばきで、ギャングを一掃するバトルシーンは迫力があるぞ。


(*・ω・*)o
こら、ファイアパンチとかいわない(笑)
でも、幼いきょうだいに対して『守ってやれなくてゴメン』ってフレーズに反応したあたり、弟のことはずっと心から離れなかったのかなって感じかな。あと、『弟をあやすときに踊っていた』っていうのが、なんか伏線になった形だね。


(〃゚3゚〃)
タイトルには『バレエダンサーのソリスト』みたいな意味もありそうだぞ。ただしプリマではない的な。
また、『弟のことはずっと心から離れなかった(姉としての責任感みたいな)』のと、クロエの強さの関連は、ここで大佐が指摘したな。『おねえちゃんの役割を与えられると強い』というところだ。


(*・ω・*)o
ギャングを倒せたじゃん!でも、刺し傷で負傷があるのは、ちょっと気がかりかな・・・


(〃゚3゚〃)
ちょっとこのダメージが、危機を引き起こさないことを祈りたいな。
このあとクロエは、トリコとそのお兄さんに、工場で仕事をもらえるなどの情報を提供して、引き続き弟を探す活動を続けたところで、2話が終了だ。


(*・ω・*)o
60ページ以上&一気に物語の当初の目的に接近した感じで、ボリューム&スピード感があったよ!


(〃゚3゚〃)
あとは、冒頭の『1シーズン5話』ってのも気になるよな。『集中的に描いて休んで2シーズン目』なのか、『別キャラ別ストーリーで2シーズン目』なのかは、まだ読めないが、ジャンプラの編集方針的に、『高い密度でスピード感を持って読ませる』というところは期待できそうだぞ!





あとがき・「檻ノ中のソリスト」を読むには?

(〃゚3゚〃)

2話でいきなり年代ジャンプが発生していてびっくりしましたが、ページ数だけではなく『鮮やかなバトルシーンや、行動原理を説き明かす心情描写』など、見所がおおいエピソードでした。

この作品はジャンププラスのアプリおよびサイトで読むことができます。

https://shonenjumpplus.com/episode/10834108156635971890


関連記事

コミック紹介・終末のハーレム ブリタニアリュミエール(ジャンプ+・Mee)が面白そう~人物,設定,あらすじは?
コミック紹介・2.5次元の誘惑(ジャンプ+)~劇中作(リリエル外伝etc.)が効果的に絡む熱い展開で面白い!人物・伏線もチェック!
【怪獣自衛隊・まんが紹介】バトルシッパー大歓喜!巨大生物が襲ってくるけど、戦艦や戦闘機で倒せば、ウルトラマンみたいなヒーローいらねぇ(笑)おススメ!
【九龍ジェネリックロマンス・コミック紹介】SF・ミステリー要素が出てきて面白い件!鯨井さんクローン説も?
ジャンププラス・コミック版SSSS.GRIDMAN(グリッドマン)は面白い?→程よくデフォルメされたキャラ・バトル描写などで楽しめます(実写視 聴勢の感想・実写版とのキャラ比較有)