更新日: 2020年05月08日

【劇場版ソードアートオンラインOSを深夜アニメ知らん人がチェック(あらすじ・ネタバレ)】神田沙也加のミュージカル・チャンバラ・ラブコメ・切ない敵キャラなどと楽しめる作品

(*・ω・*)o
MGさんおつかれ~。そういや昨年Helloworldみてたけど、その監督さんがやってた『劇場版ソードアートオンラインOS(オーディナルスケール)』ってのを、配信でチェックしてみたよ。ラノベ版・アニメ版はチェックしてないけど、事前に設定とか押さえておけば、ミュージカル・チャンバラ・ラブコメとかで楽しめそうな感じだったよ。MGさんの好きな神田沙也加さんも、CV・歌で参加してたよ!


(〃゚3゚〃)
誰が好きやねん(笑)
とはいえ、IT技術っぽいのは好きだから、サクッと予告編やサイトなどは予習しておいたぞ。今回はそれでいってみるか。


(*・ω・*)o
それでは、今回は『劇場版ソードアートオンラインOS(オーディナルスケール)』を見ていきましょう!情報量は非常に多いけど、『ミュージカル・チャンバラ・ラブコメ・切ない敵キャラ』とか、キャッチーなポイントもチェックしていくよ。


(〃゚3゚〃)
おうよ~。


映画・劇場版ソードアートオンライン オーディナルスケール 予告編/データ

■スタッフ
原作:川原礫
原作イラスト・キャラ原案:abec
監督:伊藤智彦
助監督:森大貴
脚本:川原礫、伊藤智彦
絵コンテ:伊藤智彦、鹿間貴裕
キャラクターデザイン:足立慎吾
音楽:梶浦由記
主題歌:LiSA「Catch the Moment」
制作:A-1 Pictures
配給:アニプレックス

■キャスト
松岡禎丞(キリト役)
戸松遥(アスナ役)
伊藤かな恵(ユイ役)
竹達彩奈(リーファ役)
日高里菜(シリカ役)
高垣彩陽(リズベット役)
沢城みゆき(シノン役)
平田広明(クライン役)
安元洋貴(エギル役)
山寺宏一(茅場晶役)
神田沙也加(ユナ役)
井上芳雄(エイジ役)
鹿賀丈史(重村教授役)

映画・劇場版ソードアートオンライン オーディナルスケールの主要登場キャラは?

キリトさん(CV:松岡禎丞)

(*・ω・*)o
アニメ版や小説版はみてないけど、この方が主人公みたいだね。基本的にダルそう&SAO事件を生き残るなど能力は高い感じ。あと彼女持ちだけどハーレム化しがち(笑)


(〃゚3゚〃)
俺もラノベとかあまり読まないからわからんが、最近のなろうとかこれ系主人公ってこんな感じなんか。


(*・ω・*)o
ツッコミどころ少ないね笑。
とはいえ、『今作のフルダイブじゃなくAR(拡張現実)型ゲームでは苦戦しがち』みたいなポイントのほかにも、男の子が共感しやすいポイントがあって、例えば、(記憶障害などについて語るシーンで)『俺にあの2年間の記憶がなくなったとしても~』って考えるシーンだと・・・


(〃゚3゚〃)
なぜエッチなシーンを思い出すのか(笑)


キリトさんのガールフレンド・アスナ(CV:戸松遥)

(*・ω・*)o
一部では、『アホガールのよしこは汚いアスナ』みたいに呼ばれてるけど(笑)、『すき家クリアファイルキャンペーンtweet数解析の結果』から見ると、たぶん大人気のアスナさん。外国のyoutuberが、鍛冶屋みたいに専用レイピアを作ったりと、国際的にも知名度あるかも。今作では絶望的な状況から戦う決意をするとか、ヒーローっぽいところも!


(〃゚3゚〃)
アホガールの件は、マジで笑ったわ(笑)


SAOのAI・ユイ(CV:伊藤かな恵)

(*・ω・*)o
一部では『AIにパパとか呼ばせるのキモい』みたいな意見もあるけど、この子は今作ではマジ大活躍。機動力を活かしてボスキャラ出現パターンを突き止める・怪しいドローンを発見・saoサーバーに残ってたデータを持ってくる(強力装備)・援軍の調達とかね!


(〃゚3゚〃)
むっちゃ大活躍だな!いっそのこと『この映画は全部ゲーム。キリトさんには娘がいて、その子がユイのアバターを使ってアクセスしてる』みたいな感じにしても、キモくなかったと思うぞ!


(*・ω・*)o
伊藤監督、それやってましたよねこないだ(笑)


日常パートで存在感?リズ(CV:高垣彩陽)

(*・ω・*)o
キリトさんたちの仲間のリズさん。戦闘ではメイスを使うなどの通好みキャラだけど、今作では『放課後ケーキ食べてるシーン』とか『カラオケで仲間を盛り上げようとするシーン』など、日常パートでの活躍が目立つかな!


(〃゚3゚〃)
むしろこういうキャラは、パーティに一人は必要である。
実社会においてもそうだ(笑)


(*・ω・*)o
職場の雰囲気をよくするとかね!


やられたことで黒幕が明らかに?シリカ(CV:日高里菜)

(*・ω・*)o
後述の歌姫ユナのファン・カラオケやライブで盛り上がるなど、年頃な感じのシリカさん。戦闘ではやられそうになったけど、アスナがそれをかばったことにより、黒幕の狙いが明らかになるなど、間接的に物語の核心にかかわる感じに


(〃゚3゚〃)
バトル的な活躍よりも、パーティーのマスコットみたいになってる感じはあるが、デスゲームSAOから生還した者だけに、実力者であると信じたいところだぞ。


遠距離攻撃キャラ好きなら高確率で好み!シノン(CV:沢城みゆき)

(*・ω・*)o
次はシノンさん。本名が詩乃だからシノンさん。物語中では『SAO生き残り組』が狙われるような描写があったけど、彼女はそうではないので、目的発覚後のオーディナルスケール内戦闘を手伝いやすかった感じかな。
武器はビームガン(ライフル?)で、『レゴラス(ロードオブザリング)・グィネヴィア(キングアーサー)・パリス(トロイ)・ホークアイ(アベンジャーズ)』とか、飛び道具遠距離攻撃キャラ好きなら気になるかも!


(〃゚3゚〃)
それ全部わかるわ(笑)


おっさんその1・まさかの序盤負傷退場?クライン(CV:平田広明)

(*・ω・*)o
貴重なイケメンおっさんキャラ(まだ若いが主力メンバーよりは)。ギルド「風林火山」を仕切っていたことにより、後述のヴィラン・エイジに狙われて(因縁がある)序盤で負傷退場と、散々な感じに。しかし、『記憶』面でのヒントは、のちにキリトさんにとって、黒幕につながる情報となることに。


(〃゚3゚〃)
かっこいいおっさんを処理しきれず退場・脇役化させる例が多いのは、日本アニメの悪いとこだな(笑)オバチャンも同様だ。


おっさんその2・エギル(CV:安元洋貴)

(*・ω・*)o
そして、ダンディーおっさんキャラといえばエギルさん。経営するカフェバーは、パーティーメンバーの集合場所にも。クラインさんとの掛け合いはコミカルで癒し。


(〃゚3゚〃)
そして、バトル時には『日本のこじらせ厨二RPGでは珍しい、斧専門の戦士』であることを付け加えておきたい(笑)


(*・ω・*)o
確かに、大剣やレイピアは多いけど、メイン武器が斧ってポイントだね!


オーディナルスケールのAI歌姫・ユナ(CV:神田沙也加)

(*・ω・*)o
作中ゲーム『オーディナルスケール』内のAI歌姫。作中では巨大ライブ会場も埋まるほどの超人気という設定。ライブをやったりする演出のほか、バトルシーンで歌が流れると『攻撃力アップなどのバフ効果』も。ここらへんは非常にミュージカル的!
専用曲『Ubiquitous dB』は、キャッチーアイドルソングと見せかけて、『映画を見終わった後だと、本来の意味がわかって印象が変わる』みたいな仕掛けも!



(〃゚3゚〃)
声優のことはよくわからんが、CV:神田沙也加は大正解だろこれ!
アナ雪2より良い仕事だったな(笑)


(*・ω・*)o
あれ、制作側がエルサ推しだったから(笑)


ランク2位の剣士・エイジ(CV:井上芳雄)

(*・ω・*)o
ゲーム「オーディナル・スケール」でのランク2位の実力者で、キリトさんたちの前に立ちふさがるライバル的存在。実は過去に、原作に出てくるギルド『血盟騎士団(アバター名はエイジではなくノーチラス)』に参加していたけど目立たないキャラだったなどと、主人公陣営とも因縁がある感じ。そのほか、『大切にしていた人がいた』などと、この人の過去エピソードをしっかり押さえることができれば、かなり物語を楽しめそう!


(〃゚3゚〃)
『敵キャラが絶対悪ではない(事情がある)』的な演出は好みだな!


(*・ω・*)o
そのほか、彼が海の見える遊歩道で飲んでいるビールはサッポロでなくて『POPPORO』で・・・・


(〃゚3゚〃)
ネーミングかわいいな、オイ(笑)


オーグマー開発者・重村教授(CV:鹿賀丈史)

(*・ω・*)o
ARデバイス『オーグマ』の開発者で、劇中に出てくる大学『東都大学 電気電子工学科』の教授。SAO本編の黒幕『茅場(ナーヴギア開発者・SAOを実際に死人が出るデスゲーム化)』も、彼の研究室に所属していたなどと、本編とのつながりもあきらかに。実は『かつて娘さんがいた』というのも、物語を理解する上での最大のキーポイント。


(〃゚3゚〃)
『娘さんがいた』の『た(過去形)』って、むっちゃ切ないな(笑)


映画・劇場版ソードアートオンライン オーディナル・スケールで押さえておきたいアイテムは?

AR(拡張現実)型情報端末オーグマー

(*・ω・*)o
ARが『オーグメンテドリアリティ』だからオーグマーみたいなわかりやすい名前。過去作にあったフルダイブ機能より拡張現実を強化したという、2020年現在でもありそうな感じのデバイス。ヘッドセットみたいに装着。作中では、ゲームや映画・フィットネスなどで活用されてる様子も。


(〃゚3゚〃)
最近だと、ポケモンgoなどのほかにも、家具のIKEAがARを使った商品カタログとかをリリースしているから、『リアルにありそう・とっつきやすい』って感じだな。


(*・ω・*)o
現実って、わりと漫画やアニメに追いついてるのかもね。


RPG『オーディナル・スケール』

(*・ω・*)o
先述のデバイス・オーグマー用のマルチプレイオンラインRPGね。ARデバイスだけあって、ゲーム起動時には、実際の東京の風景が、レイアウトは現実と一緒で中世ヨーロッパ調に変化みたいな演出も。なお、ポイントをためると、現実世界のお店でもクーポンもらえたりするらしいよ。ラインナップには、『からあげくん』も。


(〃゚3゚〃)
ローソンってこういうアニメ映画のタイアップ、ノリノリだよな(笑)


怪しいドローン

(*・ω・*)o
あと、ぶっちゃけリアル世界では『航空法』の関係で、街中では見かけないドローンだけど、作中には怪しいドローンが。
作中のお医者さんの話だと、『記憶のスキャニングしてんじゃね?』みたいな意見も。


(〃゚3゚〃)
職場のパワハラや取引先の無茶振りみたいな記憶はスキャンして、すべて持って行ってほしいわ(笑)


(メタ的な意味で・配信版など)シャンプー

(*・ω・*)o
あとは、映画紹介サイト運営者視点とか、メタっぽい意味合いになるけどシャンプーも重要でしょ?(笑)


(〃゚3゚〃)
ああ、たしか俺たちが見た配信版だと『お風呂シーンが、がっつりシャンプーに置き換わってる』んだよな。こういうのは助かるわ。女の子の入浴シーン丸見えとか載せると、googleから警告がくるからな(笑)


映画・劇場版ソードアートオンラインOSあらすじ1~オーグマーなどを紹介する日常シーンだけど、歌(longing)入りのバトルシーンがミュージカルちっくで熱い

(*・ω・*)o
というわけで、キャラ&設定で4000文字以上使っちゃったけど(笑)、あらすじもみていきましょうか。
最初の方は日常&設定の紹介シーンだよね。デバイス『オーグマー』が普及していて、それの専用ゲーム『オーディナルスケール』とともにワイドショーで紹介されている感じ。イメージキャラに人気のバーチャルアイドル『ユナ』がいること・ゲームのクリアボーナスでファミレスでケーキがもらえること・ショッピングモール内で歌ったのをオーグマー通して見るとライブみたいになるなど。

ファミレス後には、クラインさんより、『オーディナルスケールボスバトル』のお誘いが。


(〃゚3゚〃)
まあ、2020年の技術では、実装できそうな感じだな。実際にも『vtuber』や『ボーカロイド初音ミク』がこんな形でライブしていたりする。音声合成&コミュニケーションするロボット(Sota)などもある。


(*・ω・*)o
もう日常作品だねコレ(笑)
で、夜のイベントにキリトさん・アスナさん到着。オーグマーをつけてオーディナルスケール起動すると、街並みが変わっていく演出。ボスキャラ登場でバトル開始に。イメージキャラ・ユナの歌がBGMになるところは非常にミュージカルちっく
一方、ランク2位の謎の剣士・エイジさんも現れてボスキャラを瞬殺・・と思いきや、止めはアスナさんに譲るような素振りも


(〃゚3゚〃)
サントラ売っているサイトで調べたんだが、初回のボス戦は『longing/ユナ(CV:神田沙也加)』って曲のようだな。
エイジは、ここ、あえて動かなかったよな。泳がしとくか~、みたいな。


映画・劇場版ソードアートオンラインOSあらすじ2~エイジ・風林火山メンバーを襲撃&ユナとなかよし・さらにSAO時代のことも明らかに

(*・ω・*)o
で、ユナ&エイジさんは、オフの日は一緒にいることが判明。ユナは金色の宝石みたいなのに興味を持っている様子。エイジさんはSAOの本を読みながら『もっと集まるよ、こいつらに復讐すれば』と、やけに物騒なセリフを。
一方、クラインさんはチーム風林火山(ただし一人欠員)のメンバーと一緒に、イベントボスバトルへ。キリトさんが乗り気でないので、アスナさんは一人で会場へ。


(〃゚3゚〃)
エイジ、クラインのチームのところに付箋紙つけといて『復讐』とか、殺す気まんまんやん(笑)


(*・ω・*)o
大方の『殺るよね~』の予想通り(笑)、エイジさんはイベントに乱入して風林火山メンバーを瞬殺。クラインさんも応戦するけど、一瞬で腕をへし折られたうえ、デバイスをつけてゲーム上でもボスに焼き殺される恐怖を味わいながら、無念の序盤退場。
一方、アスナさんは他プレイヤーと連携してイベントをクリアしており、救急車の音が聞こえたけど、スルーして帰宅


(〃゚3゚〃)
クライン、ぼろ負け・負傷・スルーされると三重苦だな(笑)


(*・ω・*)o
そして、クラインさんの様態を知らない二人は、翌日公園でデートに
途中キリトさんは、白い服を着た幽霊みたいな女性を発見。デートの会話中には『かつてエイジさんが、ノーチラスというアバター名でSAOのチーム血盟騎士団にいた(ただしボス攻略に参加できなかった)』ということが発覚。


(〃゚3゚〃)
この白い服の子、一瞬顔が見えるんだが、この時点で『ユナっぽくね』?ってなるよな。


(*・ω・*)o
確かに!
そのあとはAI・ユイの情報提供によりイベントボスキャラ出現パターンが発覚。リズさん・アスナさん・シリカさんの三人で待ち合わせて攻略に行くことに。しかし、待ち合わせと聞いて『流星群を見るデートの待ち合わせ(アスナ・キリト)』のことをしゃべってしまい、シノンさんがムッとする場面も。


(〃゚3゚〃)
そして、うまく話を逸らすリズ(笑)


(*・ω・*)o
一方、キリトさんはクラインさんの様子を気にしてて、電話するけど出ない感じ。
パスタ食べてる最中に、アスナさんよりビデオ通話が来て『幽霊みたいな女性が発見されているらしい』という内容。


(〃゚3゚〃)
キリト、友達思いだな!


(*・ω・*)o
陰キャっぽいけど、こういうとこは素敵だと思うよ!
そして、またオフのエイジさん&ユナ。チーム風林火山は倒したので×印に。ユナはSAOの本にも興味を持ってる様子。


(〃゚3゚〃)
この二人、わりとイイキャラなのに、ディティールは入場特典小説(ホープフル・チャント)にするのはどうなんだか(笑)


(*・ω・*)o
もうちょい詳しい情報ほしいよね。


映画・劇場版ソードアートオンラインOSあらすじ3~ボスバトルでアスナ負傷&記憶障害発生・SAO生き残り組の記憶が狙われている点を断定・解決への戦いへ

(*・ω・*)o
そんな感じで、キリトさんはイベント参加はせず、一連の現象を調査。ある夜には『白いフードの女性が、ある方角を指さして消えること』『エギルさんの電話により、クラインさんの入院が知らされる』なども。
ほかの三人はイベントでヤドカリと戦闘。


(〃゚3゚〃)
なお、リズが戦闘で目立つのは、ここのハンマーでヤドカリ吹っ飛ばしたとこくらいだな(笑)


(*・ω・*)o
日常パートで活躍してるから!(笑)
その後、ユナ歌唱曲が、ダークな『delete』に代わるタイミングで、91層の高位ボスを投入。イベントは大混乱。逃げるシリカさんが、エイジさんにぶつかったときに突き飛ばされてしまったので、ピンチに。しかしアスナさんが庇って負傷。


(〃゚3゚〃)
で、ユナが持ってた金色の宝石みたいなのが、ドローンに吸い込まれる描写が、ここでも確認できるな。
あとは、風林火山メンバーがやられた時の曲も『delete』だ。今作の死亡フラグ曲といえる(笑)


(*・ω・*)o
『あいみょん流れたら死亡フラグ』よりわかりやすいね(笑)
イベントバトル後、アスナさんには『うなされる・記憶障害』などの症状が発生。お医者さんに診てもらうと『脳にスキャンかけられた形跡がある』ことが発覚。
また、クラインさんも『SAO活動時のことについての記憶障害』を発生。お医者さんからもSAOプレイヤーの記憶障害が発生していることを聞き、SAOプレーヤーが狙われていると断定へ。


(〃゚3゚〃)
クラインの『(記憶が奪われても)楽しいことばかりじゃなかったから、それならそれで、しゃーねぇかな』みたいなセリフは良かったな!


(*・ω・*)o
キリトさんはSAOで彼女getしたから思い出共有したい人がいるけど、クラインさんはね(笑)

そんな感じでキリトさんは、メンバーには『オーディナルスケールは危ない』とけん制しつつ、自分はボス戦に。途中、『自分はSAO組じゃないから大丈夫』とシノンさん加勢。ボスは緑色のモヒカン豚だったけど、シノンさんの援護射撃もあり撃退。


(〃゚3゚〃)
どっちも前衛より、『前衛&後衛でポジション分け』してたほうが、戦略的に面白い気がするがな。このコンビはもっと出してほしいぞ。


(*・ω・*)o
でも公式嫁がいるからね(笑)
その戦闘のさなか、AIユイは、『倒されたSAO勢プレイヤーに対して作動したプログラム』を察知。ドローンに忍び込むけどブロック。
しかし戦闘後には、白いフードの女性が指さす先が『東都工業大学』で、『オーグマー設計者・重村教授』がいることを特定。大きなヒントに。


(〃゚3゚〃)
これがつかめれば、記憶スキャン行為の決定的な証拠になったんで残念だが、サスペンスっぽい要素もあっておもしれえな!


(*・ω・*)o
だよね!
で、キリトさんは重村教授に接触するため、『東都工業大学』に潜入。講義で質問する、研究室を訪ねるなどして『オーディナルスケール危険性』を訴えるものの、『次はちゃんとアポ取ってきてくれ』と門前払い
しかしその後、協力者(総務省の菊岡さん)より、『教授には、重村悠那(しげむらゆうな)という娘さんがいて、SAO事件ですでに亡くなっている』ということが発覚。見た感じ、ユナや白フードの女性っぽい感じ。


(〃゚3゚〃)
実際、現在においては『歌手美空ひばり(1989年に亡くなっている)を、CGやAIディープラーニング・音声合成技術でよみがえらせる』的なプロジェクトもあったから、『(見た目がそっくりなことから)娘をコンピュータ技術で復活させようとしている』みたいな予想もできそうだぞ。

なお、pixivなどで調べたところ、『エイジとは昔から知り合い・歌が大好き・風林火山メンバーが人命よりボス討伐を優先して犠牲に』といった点もあるので、押さえておくと『この二人』に焦点が移ってしまう(笑)


映画・劇場版ソードアートオンラインOSあらすじ4~重村教授・エイジの目的が発覚、巨大ライブ会場での最終決戦へ

(*・ω・*)o
まあそんな感じで、キリトさん・アスナさんのイチャイチャシーンを挿入した後は・・・


(〃゚3゚〃)
他のキャラに焦点をあてるためです、スルーお許しください。


(*・ω・*)o
白フードのユナっぽい女性から、アインクラッド100層(たしか)で『もっとランキングを上げろ』とアドバイスをもらったキリトさんは、『記憶を奪われるから』と他メンバーを止めて(その間アスナさんを励ますためカラオケへ)、各地でボスを狩りまくりランクアップ。
エイジさんから『記憶を返してほしければユナライブへ来い』とのメッセージを受け取ることに。


(〃゚3゚〃)
一部ではクズとか言われてるけど、『他の女の子メンバーを危険に巻き込まないようにしつつ、単身突撃』とか、結構イケメン行動してるよな(笑)


(*・ω・*)o
まあ、原作は知りませんけど(笑)
で、決戦の舞台はユナライブ・ドーム会場。他メンバーはライブ鑑賞、キリトさんはエイジさんと地下駐車場で対決へ。
このバトルではエイジさんの口からも『悠那さんとSAOで一緒だった(死の間際も)』『オーディナルスケールで、SAOユーザーの記憶スキャン、そのデータを使ってAI悠那さんを蘇らせるのが目的』『ライブ会場では一斉スキャンを予定』という内容が語られることに。


(〃゚3゚〃)
エギルさんもこういうライブ見るんだな(笑)
なお、大人数に対して脳へ高出力スキャンをかけた場合、作中の設定だと『しんでしまう』というのもあるようだ。


(*・ω・*)o
そして、ユナ曲イントロが流れると同時に、オーディナルスケール起動してバトル開始!地上の会場では、ライブが同時にスタート!


(〃゚3゚〃)
このシーンは超熱いな!
なお、曲は『Break Beat Bark!』で、ストーリーにも歌詞が対応しているような印象をうける。


(*・ω・*)o
エイジさんだって『刻んだ記憶や、一緒に作り上げてきたリアルをイレギュラーに奪われたくなかった』んだよね。
で、「自分の弱さを呪ったよ!大切な人が危なくても足がすくんで動けないんだからな!」と、斬撃を繰り出すシーンに挟まれる、過去のエイジさんと悠那さんのシーンをどうぞ。


(〃゚3゚〃)
切なすぎるだろ(笑)


あとがき・まとめ

(〃゚3゚〃)
基本的に筆者はラノベも読まないし、ラノベ原作アニメも見ないんですけど、『ソードアートオンライン オーディナルスケール』は、感情移入しちゃう切ない敵キャラや、派手な戦闘シーン・ミュージカル的演出で、非常に楽しめました。アニメ版・小説版をチェックしていない初見の方は、設定などをチェックしておくと良さそうです。
このあともちょっとバトルがあるので、気になった方は、配信サイトなどをチェックしてみてください。


関連記事

映画・劇場版ダンまち-オリオンの矢(ネタバレ含む)紹介~乳揺れアニメと思った?アルテミスの神話を取り入れた切ない展開で面白い!
空気人形(ネタバレ含)あらすじ解説~心情のキーになるアイテムや、のぞみがあの結末を選んだ理由・救いのある要素とは?
打ち上げ花火(2017アニメ版ネタバレ含む)徹底解説~キーのメタ描写・分岐・エンディング演出etc~典道・なずなが選ぶ未来は?
映画・最終兵器彼女(実写版)ねたばれ・あらすじ&レビュー~色々と雑だけどバトルシーンは結構凝ってる!エンディングもコミック版よりわかりやすい!
【実写版・キューティーハニーTearsあらすじ・ネタバレ含】西内まりや・石田ニコルのスタイリッシュモデル対決・ハードSFな雰囲気と、原作との違いを楽しむ作品