更新日: 2020年07月06日

映画シャークネード カテゴリー2あらすじ・ネタバレ~ヒロイック・壮大・おバカ感を味わうなら2からがオススメ!

(*・ω・*)o
おつかれMGさん。このサイトではわりとアホっぽい映画もツッコミまくってるけど、こないだ『シャークネード カテゴリー2』を見てみたよ。あれって1からあんな感じなの?


(〃゚3゚〃)
シャークネード1はまだ、低予算B級パニック映画的な印象があったな。『カテゴリー2』あたりから、派手な展開・家族愛をテーマに・スケール壮大さが出てきた感じだったな。もちろんツッコミどころが多いのは相変わらずだ


(*・ω・*)o
なるほど、シリーズのマイルストーン的な作品になったわけなんだね。では、今回はこれをみていってみようよ。


(〃゚3゚〃)
そうだな、しょっぱなからツッコミどころばかりだから、このサイト的にもちょうどよいな(笑)


映画:シャークネード カテゴリー2・予告編/データ

■スタッフ
監督:アンソニー・C・フェランテ
脚本:サンダー・レヴィン
製作:デヴィッド・マイケル・ラット
音楽:クリス・カノ/クリス・ライデンハウア

■キャスト
アイアン・ジーリング(フィン・シェパード役)
タラ・リード(エイプリル・ウェクスラー役)
ヴィヴィカ・フォックス(スカイ役)
マーク・マクグラス(マーティン・ブロディ役)
カリ・ウーラー(エレン・ブロディ役)
コートニー・バクスター(モーラ・ブロディ役)
ダンテ・パルミンテリ(ヴォーン・ブロディ役)
ジャド・ハーシュ(ベン役)

映画シャークネード・カテゴリー2の登場人物は?

ロサンゼルスを守った英雄 フィン(演:アイアン・ジーリング)

(*・ω・*)o
主人公のフィンさん。チェーンソーをメイン武器にし、爆弾やソード・打撃武器も使いこなして シャークネードと戦うヒーローみたいな感じだね。


(〃゚3゚〃)
確かに今回では『1作目でロサンゼルスをシャークネードの襲撃から守った』という実績があるので、序盤から知名度があり、英雄として扱われているようだな。一作めでは『神経質すぎて家族から煙たがられ、かつ離婚』みたいな形だったが、作中の危機などのときには非常に頼りになる。


有名人になってて、離婚後なのに前より仲良くなってるエイプリル(演:タラ・リード)

(*・ω・*)o
こちらがフィンさんとは離婚して別居してたはずのエイプリルさん。わりとフィンさんとは仲が良好みたいな印象。ヒーローみたいに前線で戦ったり、子供を助けに行ったりと、日本のコンテンツでは非常に少ない『活躍できるオバチャンキャラ』かな!


(〃゚3゚〃)
主人公フィンとは『離婚→シャークネード対策で共闘』を経て、逆に絆が深まってるといった印象だな。この方は1作目でのシャークネードとの闘いを記した書籍『how to survive a Sharknado』の出版により、作中での知名度が上がっているようだな。


取ってつけたような三角関係要員?だけど戦闘要員としては活躍のスカイ(演:ヴィヴィカ・フォックス)

(*・ω・*)o
こちらは、フィンさんの学生時代の同級生っぽい感じのスカイさん。フィンさんが、『エイプリルさんと離婚してた』ってのを聞いて、『ワンチャン有ったらわたしとも・・』みたいな、ラブコメ三角関係要員的なキャラ。とはいえ、目立つのは『一般市民避難誘導』とか『シャークネードに対する爆撃』みたいな面で目立ってるのが皮肉かな(笑)


(〃゚3゚〃)
シャークネードに胸キュン三角関係ラブコメ展開を期待してるやつ、この世にいるのかよ(笑)


(*・ω・*)o
いるわけないよね~(笑)


今回のサバイバー枠?ブロディ一家(演:マーク・マクグラス/カリ・ウーラー/コートニー・バクスター/ダンテ・パルミンテリ)

(*・ω・*)o
見た感じだと、今回のシャークネード襲撃を耐えきって生き延びる感じのファミリー。お父さんのマーティンは、フィンさんの妹エレンと結婚していて、フィンさんの昔の友人→義理の弟といった形に。子供は二人いて、めがねの女の子のほうがモーラ。男の子のほうがヴォーン。


(〃゚3゚〃)
フィンとは親族関係にあたるファミリーだな。特に戦闘において活躍するわけではないが、モブキャラがシャークネード襲来でガンガン死にまくる本シリーズにおいては、『生き残る』ってのが大きい。dioとジョースター一族が戦い続けるように、シャークネードは『フィン一族がサメ台風と戦い続ける物語』だからだ(笑)


(*・ω・*)o
ジョジョかよ(笑)


NYで機動力を提供するタクシードライバー・ベン(演:ジャド・ハーシュ)

(*・ω・*)o
NYで働くタクシードライバー。1作目のフィンさんの活躍を知っており、NYでのシャークネード発生時は、物資調達時に足を出してくれるなど、たよりになるサポートキャラ。


(〃゚3゚〃)
わりとこのジイサンも、キャラ濃いんだよな。どうでもいい発言がちょっと笑えたりする感じの、洋画で居ると助かるキャラだな。視聴者的には。


ニューヨーク市長(演:ロバート・マーティン・クライン)

(*・ω・*)o
作中の最強武器チェーンソーを渡して、フィンさんにシャークネード討伐を依頼する市長さん。彼が直々に依頼したことやフィンさんの演説などにより、一部ニューヨーク市とシャークネードの戦いは総力戦へ。


(〃゚3゚〃)
なんでRPGの伝説武器みたいな感じでチェーンソー渡してんだよ(笑)


映画シャークネード カテゴリー2のあらすじは?

1:フィンさん、妹家族に会うためにニューヨークに向かう途中、いきなり鮫乱気流に遭遇

(*・ω・*)o
そんな感じで、『シャークネード カテゴリー2』、つっこみながらあらすじを確認していきましょう。
まずは、フィンさんが妹家族に会うために、旅客機でニューヨークに向かうとこからスタート。奥さんの(1では離婚・別居していた)エイプリルさんも一緒に。エイプリルさんはシャークネード本を出版して知名度が上がっており、客室乗務員にサインをお願いされるシーンも。フィンさんは『ピザ食いたい』みたいな、平和な感じで。


(〃゚3゚〃)
一瞬、雲の中に鮫の影を映すな~(笑)


(*・ω・*)o
旅客機移動中だと逃げ場がないもんね~。って思ったら、序盤からいきなり鮫襲撃。着陸間際に『乱気流で揺れますよ~』というアナウンス。しかしこれが『鮫乱気流』で、『鮫を巻き込んで旅客機のエンジン破損』。最初の10分でいきなりピンチに


(〃゚3゚〃)
鮫乱気流って言葉、この映画絡み以外では、聞くことはないだろうな(笑)


(*・ω・*)o
まあ、エンジン破損だけで済めばいいんだけど、さらに旅客機の屋根や窓を破壊して、鮫が機内に侵入。
『乗務員を助けようとしたパイロットが、そのまま機外に放り出されて退場(おそらく死亡)』『エイプリルさんも機外に放り出されそうになりつつ、鮫に対してハンドガンで応戦するけど、手首を食いちぎられて負傷』10分でクライマックスみたいになる映画、なかなか無いよね(笑)


(〃゚3゚〃)
いろいろ雑なこの作品ではあるが、『エイプリルが手首を食いちぎられた(しかも左手)』みたいな点は、あとで回収しているので、要チェックだな。


(*・ω・*)o
わりとそういうところは、ちゃんと作ってるんだね!
その後は、『このままでは墜落する』と判断したフィンさんが、コクピットへ。管制に『パイロット死亡・緊急着陸する』と無線を送って滑走路を空け、操縦して胴体着陸。鮫に食べられた・機外に投げ出された人以外は生存したまま着陸でき、乗客は一安心。


(〃゚3゚〃)
開始12分でこの濃さ(笑)


(*・ω・*)o
そして、ニューヨークの風景を見ながら、ノリノリのロックンロール調の曲とともにオープニングスタッフロール


(〃゚3゚〃)
ここで流れていたノリの良い曲は、前作でもエンディングで使われていた曲だな。
制作側には、これをパニックホラー作品にする気は、全くないようだな(笑)


(*・ω・*)o
ダン!ダン!ダダダン!ダダダダン!シャーク!!
って、楽しいねこの曲(笑)


2:ニューヨークを異常気象&シャークネードが直撃・フィンは別行動していた妹家族を助けるために行動へ

(*・ω・*)o
12分でおなかいっぱいな感じだったけど(笑)、一方では、フィンさんと会う予定だった、妹のエレンさんファミリー。夕方からフィンさんと会食の予定。それまで、旦那さん(マーティン)&息子さん(ヴォーン)は野球観戦。エレンさん&娘さん(モーラ)は、自由の女神など観光に。
しかし、タイミング悪く、街頭TVの『フィンさんが出てる、航空機事故のニュースは見逃す』という状況に


(〃゚3゚〃)
さらっと、『ギターをジャカジャカ鳴らしてる、パンツ一丁おっさん』とかまぜんな(笑)


(*・ω・*)o
一方、フィンさんはエイプリルさんを病院に連れていくことに(手首を食いちぎられたので治療)。
会話からは、『完全に元鞘に戻った』的な印象。しかし、TVのニュースでは、NYにもシャークネードが接近しているというニュース。これには、フィンさんも戦わねばという気に。エレンさん一家を助けにいくことに。


(〃゚3゚〃)
まあ、1作目を見たあとだと『またこの展開か』という感じになるが、倒し方は毎回変わるので、あまり気にしなくて大丈夫だろう(笑)


(*・ω・*)o
一方、エレンさん&娘のモーラさんは、マンハッタン島で自由の女神を見たりと観光。ここで昔の友人に会うんだけど、友人から聞かされてはじめて『航空機不時着事故』を知ることに。さらに、洋上で竜巻&鮫の大群に囲まれており『もう遅いよ』って突っ込みたくなる状況に(笑)
そのあいだ、天気予報では『マンハッタン付近で北極気団と低気圧がぶつかり、夏なのにありえない気候に』的なニュースも。


(〃゚3゚〃)
微妙にデイ・アフター・トゥモローっぽい要素も入ってきたな(笑)


(*・ω・*)o
理論的にはどっちも無茶苦茶っぽいけどね!
そのころフィンさんは、タクシードライバー・ベンの協力で『スカイ(フィンの昔の友人)・マーティン・ヴォーン(マーティン&エレンの息子)』がいる、球場に到着。しかし同時間帯に、シャークネードが球場付近にも接近しており、一行は人が逃げた売店からバットを武器として調達し、襲撃に備える形に


(〃゚3゚〃)
フィン、武器調達とか上手いのな(笑)


(*・ω・*)o
あとここで、ちょっとコミカルなシーン。
球場の客席整備スタッフが、飛んできた鮫を打ち返すと・・・


(〃゚3゚〃)
バックスクリーン直撃ホームラン!
って、あるか~(笑)


(*・ω・*)o
こういう気が抜けるシーンわりと多いね!
で、武装したフィンさんたちは、スタジアム客を誘導しつつ、まだ動いていた地下鉄で脱出
一方のエレンさんたちは、フェリーで島を脱出。そのとき、友人の一人が鮫に噛まれて退場。エレンさんは、この鮫をスタンガンで撃退。


(〃゚3゚〃)
『亡くなった友人ほったらかしにすんなよ』みたいなツッコミが発生するが、自然災害としてシャークネードを見た場合、ゆっくり弔っている暇はない。次から次へと飛んできて食い殺されるからだ(笑)


(*・ω・*)o
確かに、災害として考えたら最悪クラスに怖いよね(笑)
一方、地下鉄ではフィンさんとマーティンがわだかまりのある会話をしてる間、地下水路を壊して鮫が大量の水とともに侵入。メッツファンのバット男やフィンさんが応戦。
スカイ&ブロディ一家は、駅付近で緊急停止ボタンを押して乗客を脱出させ、無事に外へ。フィンさんはバットが折られたので、打撃から突き攻撃に切り替えて鮫を撃退。


(〃゚3゚〃)
このバット男もイイキャラだったんだがな、濃いモブキャラをサクサク死なせすぎだよ、この映画(笑)


(*・ω・*)o
モブキャラもちょっと濃いめに描写してるのに、勿体ないよね。
で、フィンさん側のパーティーはスタジアム・地下鉄を脱出。さっき会ったタクシードライバー・ベンに乗せてもらって、物資の調達と集合場所のタワーホテルに向かうことに。


(〃゚3゚〃)
都合よく出てきすぎだろ(笑)


(*・ω・*)o
一方のエレンさんパーティは、一名の犠牲が出てしまったものの、島を脱出。しかし、なぜか『自由の女神の首が竜巻でちぎれて転がってくる』という状況になり、車運転&急ブレーキなどで離脱。


(〃゚3゚〃)
意思を持ってるかのように転がってくるなよ、滅茶苦茶だろ(笑)


(*・ω・*)o
ここはちゃんと考えたら負けだね(笑)
で、フィンさんは物資の調達に成功。知り合いのピザ屋からプロパンをもらったり、ホームセンターで強力水鉄砲&オイル、剣などをゲット。


(〃゚3゚〃)
また爆破すんのかよ(笑)


3:ベールスタワーホテルにファミリー集合、非常階段や最上階でシャークネードとの戦闘へ

(*・ω・*)o
一方、入院することになってたエイプリルさんだけど、シャークネードの接近につき、病院内にも避難指示が発令。フィンさんのところに向かう途中、親とはぐれた女の子を助けて病院スタッフに引き渡すなど、good jobな行動も。そして、NY消防局の消防車に乗って、フィンさんたちのところに向かう形に。


(〃゚3゚〃)
取ってつけた感が否めない(笑)とはいえ、こういった行動でキャラ好感度が上がったりはするな!


(*・ω・*)o
確かにそうだね!
でも、他に雑なところもあるよ。例えば、病院内で『地下に避難してください』っていってたけど・・・


(〃゚3゚〃)
大洪水も一緒にきたら無理だよな(笑)


(*・ω・*)o
そんな感じで、NYが洪水とか異常気象に襲われてしまったので、目的地のタワーホテル目前で、タクシーが水没。身動きできない状況に。フィンさんたちはタクシーの牽引用ロープを引っ掛けて脱出。しかしドライバーのベンは鮫に足を引っ張られて失敗。そのまま帰らぬ人へ。フィンさんは鮫にロープを奪われてしまったので、鮫の背中をジャンプで渡って脱出


(〃゚3゚〃)
たけし城みてーなことしてんじゃねーよ(笑)


(*・ω・*)o
わたしの世代だと『sasuke』かな(笑)
で、フィンさんパーティの方が先にタワーホテルに到着。マーティン&ヴォーンは下で待ち、フィンさん&スカイが屋上に向かい、シャークネードとの戦闘。
エレンさんパーティーは、残った友人が自転車で遅れてジンベイザメに押しつぶされるといった犠牲を払うものの、なんとかホテルに到着。家族との感動の再開へ。


(〃゚3゚〃)
スカイがフィンに対して『もしも私と結婚していたら~』みたいなセリフを言うのだが、いかんせん過去エピソードを全く掘り下げていないので、感情移入しようがない(笑)
ここらへんは日本のギャルゲーやラブコメ漫画のほうが、よっぽど丁寧だといえるな(笑)


(*・ω・*)o
いや、スカイさんは戦闘要員だから(笑)
そんな感じで、屋上ではソードで鮫を撃退。フィンさんは、つくった爆弾をスリングショットでシャークネードに投下するけど、効かないという状況。


(〃゚3゚〃)
剣を使うアクション演技、へっぴり腰すぎるだろ(笑)


(*・ω・*)o
さすがにそこまで要求するのは・・・(笑)
しかも、さらに悪いことに、『爆破失敗で鮫が燃えたまま落ちてくる』『ホテル1階はエレベータから水が逆流』など、両パーティが同時にピンチに。非常階段から脱出・合流するけど、すぐ下まで鮫が来ているという状況。


(〃゚3゚〃)
燃えた鮫が降ってくるとか、ファイアーシャークネード、2作目からあるじゃん(笑)


(*・ω・*)o
属性付与は3からじゃないんだ(笑)
で、非常階段4階から、一行は脱出することに。鍵を破壊するには武器が必要で、フィンさんは非常用の斧に着目。マーティンがおとりになって鮫を引き付けている隙に、斧をゲット。迫る鮫の頭をたたき割り、鍵もぶっ壊して脱出。下にはNY消防局の消防車で駆け付けたエイプリルさんが。


(〃゚3゚〃)
フィンは投擲・爆弾・打撃武器・チェーンソーのほかにも、斧も使えるのか。
RPGなら最強キャラの一角だな(笑)


(*・ω・*)o
次はファンタジー世界での活躍も見てみたいね。


4:ニューヨーク中心部でシャークネードが合体。エンパイアステートビル最上階で迎え撃つ最終バトルへ

(*・ω・*)o
そんな感じで、エイプリルさんと合流したフィンさんたちは、シャークネードの合体予想ポイントとされる、エンパイアステートビルで最終決戦。ここではフィンさんの活躍を知っていたニューヨーク市長が、直々に協力を依頼。フィンさんはエンパイアステートビルの避雷針構造などを調査し、『屋上の冷却用フロンガスのタンクを爆破して、シャークネードを凍らせる』といった作戦をスタート。


(〃゚3゚〃)
どうすれば、こういうアホな解決策を思いつくんだ(笑)


(*・ω・*)o
『燃やしてダメだったから~』みたいな感じ?
その後、ニューヨーク市長より武器を贈呈。もちろんチェーンソーで、飛んできた鮫を一刀両断し、演説シーンへ


(〃゚3゚〃)
シャークネード2での名シーンの一つに『カッコいい演説シーン』が挙げられるな。これは『ラバランチュラ』などでも採用されているぞ。もちろん、『インディペンデンス・デイ』や『ブレイブハート』などでも見られる、洋画の定番手法だ。


(*・ω・*)o
おバカやりまくったぶん、カッコよく見えるのがなんとも・・・(笑)
で、ビル屋上にはスカイさん&フィンさんが対応要員として移動。一時、チェーンソーのエンジンがかからないタイミングで鮫が飛んできたけど、そこには左手に回転のこぎりを装備したエイプリルさんが登場


(〃゚3゚〃)
突っ込み所は2つか。
『チェーンソーがイカれるの早い』と、左手を食いちぎられた件を変な形で回収とかだな(笑)


(*・ω・*)o
こうやって、だんだんSFアクション化していくんでしたっけ(笑)
で、フロンガス爆破作戦。スカイさんがケーブルを固定している間、チェーンソーを避雷針にして、雷の電圧で起爆。無事にシャークネードは凍ったけど・・・


(〃゚3゚〃)
爆破担当の二人、思いっきり吹っ飛んでるじゃねーか(笑)


(*・ω・*)o
『まあ、この映画のことだしどうせ生きてんだろ』って思うとこなんだけど。
一瞬だけ映る空中のシーン。残念ながらスカイさんは、空中で鮫に食いちぎられてて帰らぬ人へ。


(〃゚3゚〃)
わりと後半まで活躍した戦闘要員だが、キャラ扱いがすげー雑(笑)


(*・ω・*)o
『キャラの細かい心情変化』とかを楽しみたい層からは、『クソ』っていわれそうだよね(笑)
一方、地上では、竜巻が凍って機動力を失ったシャークネードに対して、ニューヨーク市民が武器を取り、徹底抗戦


(〃゚3゚〃)
ここらへんは、ちょっと鮫がかわいそうになってくるけどな(笑)


(*・ω・*)o
ほんとだね(笑)
そして、爆破で空中に吹っ飛ばされたフィンさんは、予想どおり生きていて降下しながらチェーンソーで鮫との戦闘・鎖を鮫に刺して、空中ロデオみたいに操って避雷針に刺し、降りてくるといった離れ業を披露。


(〃゚3゚〃)
前作では『クラウディア(フィン&エイプリルの娘)よけろ!』って、チェーンソーを持って鮫の口に飛び込んだが、今回はそれを、空を飛びながら行ったようだな(笑)


(*・ω・*)o
前作でもやってたんだ(笑)
で、エピローグでは、『倒した鮫がエイプリルさんの左手を食いちぎった鮫で、胃のなかから左手と結婚指輪を見つける』『もう一回やりなおそうってよりを戻す』『ファイアーシャークネードが花火のトラックの上に落ちていて、引火&打ち上げ花火で祝福』みたいな形になるんだけど・・・


(〃゚3゚〃)
なぜ、あの無数の鮫のなかから見つかるのか(笑)


関連記事

映画・運び屋(The Mule)ネタバレ含む紹介~人助けをしていくアール(演クリント・イーストウッド)がカッコいい!だけどそれ犯罪(笑)
映画マイインターン紹介&ツッコミ~デニーロが老紳士を好演!しかしジュールズの会社がめっちゃブラックな件
映画・ロバと王女(あらすじネタバレ含む)紹介~『ロシュ恋』とスタッフ・キャストが一部被ってる、ツッコミ所有りミュージカル!
映画スカイ・ハイのネタバレ含むキャラ・あらすじ~バトル・ラブコメ・友情・スクールカースト問題を含みつつ、サックリ見れるヒーロー養成学園もの!
映画『キャプテン・マーベル』は、なぜ微妙なのか?→長い内省的サスペンス描写・窃盗・パワー代償・雑な戦闘描写&人間関係etc