更新日: 2020年08月20日

映画・劇場版ダンまち-オリオンの矢(ネタバレ含む)紹介~乳揺れアニメと思った?アルテミスの神話を取り入れた切ない展開で面白い!

(*・ω・*)o
おつかれ~。こないだ配信で『劇場版ダンまち-オリオンの矢』を見てみたよ。この手のラノベ原作系アニメって見ないんだけど、切ない展開で面白かったよ~。


(〃゚3゚〃)
まぁ、俺もその作品は原作小説・TVアニメ版は見てないが、劇場版は良いと思ったぞ。神と人類が共闘する系らしく、神話を取り入れた展開がポイントだな。ググるといろいろ出てくるぞ。


(*・ω・*)o
ググったんだ(笑)それじゃ、今回はそういうイイ感じのポイントもあわせて『映画・劇場版ダンまち-オリオンの矢』を見ていってみようよ。


(〃゚3゚〃)
おうよ!


映画・劇場版ダンまち-オリオンの矢- 予告編/データ

■スタッフ
監督:桜美かつし
脚本:大森藤ノ
原作:大森藤ノ
音楽:井内啓二
主題歌:井口裕香
編集:坪根健太郎
制作:J.C.STAFF
配給:ワーナー・ブラザース映画

■キャスト
松岡禎丞(ベル役)
水瀬いのり(ヘスティア役)
坂本真綾(アルテミス役)
内田真礼(リリルカ役)
細谷佳正(ヴェルフ役)
斉藤壮馬(ヘルメス役)

劇場版ダンまち-オリオンの矢-の登場人物は?

オリオンの矢に選ばれたまじめ主人公・ベル(CV:松岡禎丞)

(*・ω・*)o
この作品は初めて見たんだけど、彼がまじめで礼儀正しい感じで好印象だったかな~。ハーレム臭さが彼のおかげで薄まって見やすいかも。
オリオンの矢がベルくんに反応したのは、そんな理由なのかな?


(〃゚3゚〃)
だろうな、その武器を持ってきた奴(アルテミス?)の性質を考えると、内面的な要素が絡んでそうだ。


戦闘・物語展開とメインを食っちゃったゲストヒロイン・アルテミス(CV:坂本真綾)

(*・ω・*)o
なんかね、本作が原作小説にはない書き下ろしストーリーで、アルテミスさんもこの作品のみのキャラみたいなんだって。
『弓やナイフでのスピード感ある戦闘描写』『モブにはラッキースケベを許さない』『切ないオチ』とかで、完全にメインを食っちゃった印象。映画界最強ヒロインの一角。


(〃゚3゚〃)
別作品&中の人ネタで大変申し訳ないが、FF勢からみると、声が『エアリス』『ライトニング』なんだよな(笑)


(*・ω・*)o
ほんとだ(笑)
でも、FF7ACに出てきたような『思念体』みたいな設定の概念を知っていると、物語が読み解きやすくなるかもね!


(〃゚3゚〃)
上手くつなげたな!


なんか企んでそうな胡散臭い神・ヘルメス(CV:斉藤壮馬)

(*・ω・*)o
『オリオンの矢を抜けるものはいないか~?』の話題を持ってきた方。黙ってればイケメンかもしれないけど、『核心に触れそうなときに会話を遮る』など不自然なポイントが多いな~。お風呂覗きの先導もビミョ~(笑)


(〃゚3゚〃)
あれは女性視聴者には不快だろうが、多神教ではちょこちょこ変な神も混ざるんだよ。
ギャグキャラとしては良いな(笑)


百合&ヒーローの背中を押す役?ヘスティア(CV:水瀬いのり)

(*・ω・*)o
アルテミスさんとは天界にいるときから友人という設定みたいだね。ちょっと百合っぽい友情も(笑)
戦闘&ヒロイン描写はアルテミスさんにゆずっちゃったけど、精神的なサポートで活躍してくれる感じかな!


(〃゚3゚〃)
名前の由来が『炉の女神』だからな。あんまり戦闘向きではないところを回収しただろうな。昔はキャラデザで話題になっていたが、『バイト』とか人間臭いところも良さげだ。また、天界にいるときから友人とのことより『最初に異変に気付く』みたいな描写もあった。


戦闘できる鍛冶屋 ヴェルフ(CV:細谷佳正)

(*・ω・*)o
なんかオフィシャルでみたら、違うチームなのに序盤から共闘してたね~。『戦闘できる鍛冶屋』ってのが好みかな!
リリルカとのコンビネーションも良さげ。


(〃゚3゚〃)
調査したところ、TVアニメ版では2期から、所属が『ヘスティアファミリア(元ヘファイストス・ファミリア)』になっていたようだぞ。
1期の後半あたりからパーティーに入ってダンジョン攻略を行っていたな。


実はヴェルフと相性良さそう?リリルカ(CV:内田真礼)

(*・ω・*)o
パーティーメンバー。ベルくんに好意を持ってる感じだけど、本作品を見た感じでは、ヴェルフのほうが戦闘時に息が合ってるような雰囲気も。無理にハーレムにしなくても十分面白いんじゃないかな、この作品。


(〃゚3゚〃)
この作品の前の時系列で、ベルたちに助けられてパーティに加わったみたいなのがあるから、それが好意につながってるみたいだな。
群像劇みたいなのもいいな。まあ、ベルが『こういう子は基本的に助ける』から、そーいう展開になりやすい(笑)


劇場版ダンまち-オリオンの矢-で、押さえておきたい事柄(アイテム・敵・設定・場所etc)

遥か遠くの古代遺跡・エルソスの遺跡

(*・ω・*)o
ベルくんたちが住んでいるオラリオから、飛竜にのって何日もかかるほど遠くにある遺跡。ここに先発隊として調査に向かってた人がいたよね。


(〃゚3゚〃)
今作のゲストキャラ兼ヒロイン・アルテミスがリーダーの『アルテミスファミリア』と、詐欺臭い神ヘルメスの『ヘルメスファミリア』の2グループのようだ。先発隊なのにリーダーが帰ってきているということは『お察しください』ということだ(笑)


(*・ω・*)o
やっぱりそうなっちゃうのか~(涙)


太古の魔物アンタレス(さそり型)

(*・ω・*)o
今作の討伐目的モンスターかな。遺跡から目覚めて、周囲にモンスターが増えるなどの影響で、人類にも被害が。名前はどっかで聞いたことがあるような気もするけど、由来はあるのかな?


(〃゚3゚〃)
天文に詳しい方ならおなじみと思うが、『さそり座の恒星』のことだな。『神が毒さそりを嗾けて離脱したオリオンを、アルテミスが間違って撃ち殺す』みたいな話があるから、こいつもギリシア神話をモチーフにしたキャラでといえそうだ。


神創武器オリオンの矢

(*・ω・*)o
岩に刺さっていて、ヘルメスさんが『これを抜けた人は旅行』みたいな感じで持ってきた武器。『ベルくんにしか抜けなかった』『超威力』といった描写が。


(〃゚3゚〃)
槍じゃねーか(笑)
神が作った武器で、作中の討伐目的モンスター・アンタレスには、通常武器では歯が立たないので、これを使うといった流れだったな。


ベルのおじいさんについての描写(身内は失いたくない・女の子は守る)

(*・ω・*)o
作中で少し挟まれる幼年期エピソード。親がいなくて、おじいさんが面倒見ていた感じなのかな。ベルくんが『身内は失いたくない・女の子は守る』的な立ち位置なのは、こういう境遇や、おじいさんの教えなどもあるみたいだね。


(〃゚3゚〃)
爺さんも作中時系列ではもういないようだな。身内をなくす悲しみはよく知っていると考えると、話に説得力が出る。
なお、『じいさんが地上に降りた神ゼウスではないか』とされる描写が、原作などにはあるらしい


(*・ω・*)o
だから『チート武器使える』『成長性が高い』みたいなのもあるかもしれないね。


劇場版ダンまち-オリオンの矢-あらすじは?

実は序盤から伏線も。オリオンの矢を手にし、女神アルテミスと共にモンスター討伐へ

(*・ω・*)o
そんな感じで、あらすじ見ていきましょう。開始すぐに、巨大モンスターとの戦闘シーン。メンバーが次々に刺し殺されていく凄惨なシーン。結構エグいかな~(愁)


(〃゚3゚〃)
これ、旗のロゴでガッツリネタバレしてるな(笑)
キャラ名由来とか考えると、わりとサックリと、裏で何が起こったか予想ができそうだ。


(*・ω・*)o
ほんとだー。
そしてナレーション(『あるものは救いを求めてのところだけアルテミス声』)のあとは、日常っぽいシーンだね。バイトに寝坊するヘスティアさん。街の知り合いにあいさつしながら待ち合わせに向かうベルくんと、一緒にミッションに向かうヴェルフさん&リリルカさん。
なんか一人だけめっちゃ重装備な気が(笑)


(〃゚3゚〃)
おい男2人、荷物もってやれや(笑)


(*・ω・*)o
そして3人は洞窟でモンスター退治へ。『ベルくん→短刀・ヴェルフさん→大剣・リリルカさん→ボウガン』みたいな戦闘スタイルだね~。
『終了後、夜にお祭りがあるので、もうちょい稼ぐか』みたいな軽いノリ。


(〃゚3゚〃)
祭り用の小遣い稼ぎみたいな位置づけのミッションか(笑)


(*・ω・*)o
なんか、オラリオのお祭り、たこ焼きとか売ってるみたいだし(笑)
そんな感じでお仕事終了後はお祭りへ。ここでは、胡散臭い神ヘルメスさんが『この槍を抜いたものには女神の祝福&旅行』みたいなイベントを開催。高レベルの戦士(アイズ)でも対応できなかったけど、ベルくんが槍を抜くことができたよ。そこに、『待ってたわオリオン』って、アルテミスさん登場。


(〃゚3゚〃)
ヘルメスの言っていることはほぼ全部ウソなんだが、言っちゃうと賛同者が出ないからな~。あと、後々に『高レベルの戦士をなぜ投入しない』というツッコミがでるが、この時点で槍を使用できるキャラが限定されているんだよな。


(*・ω・*)o
RPGによくある、専用武器みたいな感じかな!
アルテミスさんとは昔から友人だったけど『いきなり抱き着くなんて、純潔の神っぽくない』と怒るヘスティアさん。


(〃゚3゚〃)
言い訳は『うれしくてつい』だそうだ(笑)
違和感はこの時点で感じているが、ヘスティアはまだ、裏で何が起こってるか知らないと考えられそうだな。


(*・ω・*)o
そして、ここでヘルメスさんから第一段階目のネタばらし『実はオラリオ外でのモンスターの調査をしていたが、厄介な相手だから助けを求めた』。あと、『なぜ僕なんですか』に『槍を使用できる人に必要なのは純粋な魂』という返答。ここは純潔の女神アルテミスさんといったところ。
しかし、ヘスティアさんが頭突きで乱入。友達を助けるためにミッション参加するといったけど、『二人っきりにはしたくない』と本音もポロリ(笑)


(〃゚3゚〃)
この段階では違和感っていうより、嫉妬だな(笑)


(*・ω・*)o
嫉妬は判断を狂わせるからね(笑)
で、一行は飛竜にのって、目的地へ。途中『怖くないですか、自分も少しドキドキしています(ベル)』『(胸に耳をあてて)鼓動が速くなる、これがドキドキというのか?(アルテミス)』『こらー!(ヘスティア)』といったやりとりも。


(〃゚3゚〃)
ラブコメかよ(笑)
まあ、天界のエロい神みたいな男ばっか見てきてたら、ベルになびく可能性は十分にあるな!


(*・ω・*)o
あるかも、お風呂覗く方とかいたし(笑)
そして、飛行シーンは冒険している感じたっぷり。


(〃゚3゚〃)
ここら辺の風景は良いな!


遺跡付近ではモンスターとの戦闘へ、ヘスティアが遺跡で起こったことに気づいたような描写を挟みつつ、他パーティと合流

(*・ω・*)o
そんな感じで仲良くドラゴンタンデムしてた二人。森の上空で、索敵能力の高いアルテミスさんが、モンスターに追われる親子を発見。アルテミスさんは弓とナイフ、ベルくんはファイアボルトの呪文でモンスターを攻撃して、親子を救助へ。他の方々はモンスターに気づいていません(笑)


(〃゚3゚〃)
ヘスティアとか呪文撃つまで寝てたからな(笑)
ここは空中戦だ、燃えるぞ!


(*・ω・*)o
ダンジョン内戦闘ばかりだと飽きるからね!
で、アルテミスさんは戦闘向きの神で強かったけど、敵の数が多すぎて倒しきれず負傷。ベルくん、間一髪のところでオリオンの矢を投げつけて、無数のモンスターを一撃で撃退。これ、超威力すぎ(笑)


(〃゚3゚〃)
こんなもん引っ張り出さないと勝てない相手がいるなんて、ヘルメスじゃなくても隠したくなるわな(笑)


(*・ω・*)o
でも、ヘルメスさんは情報を小出しにしているスタイルで。
戦闘後のキャンプでは、ご飯食べるとき『あーんして(アルテミス)』みたいなのもあるけど、だんだん重くなってきた印象。ヘルメスさんからは『遺跡に向かった経緯&討伐目的のモンスター名』などの情報が。
そのほか、寝るときには『わたしも、彼といると胸がドキドキする、何なんだろうこの気持ち(アルテミス)』『ベルくんは僕の眷属だぞ(ヘスティア)』みないな、女子会ノリのトークも(笑)


(〃゚3゚〃)
恋っていう感情を知らなかったんだよ(笑)
そういう面でも『変わった』ってことだろう。おそらく2通りの意味だな。


(*・ω・*)o
なるほどー。
その後の移動。遺跡が近づくにつれて、森が腐るなどの悪影響が。ここではヘルメスファミリアと合流。途中で、深刻そうな会話(アルテミス&ヘスティア)も。敵本拠地突入前のキャンプも、2つのチーム合同で。


(〃゚3゚〃)
後の話の流れ的に、ヘスティアはここで知っちゃった可能性が高いね。


(*・ω・*)o
この後の行動に変化がみられるもんね!
敵本拠地付近でのキャンプでは、映画史上、最もどうでもいい演説シーンが発生(笑)
ヘルメスさんがパーティーの男性陣を集めて『聖戦の始まりだ、今日君たちは伝説になる』といって、内容は『お風呂を覗く』。
もちろん、全員捕縛(笑)


(〃゚3゚〃)
ほんとにクソ汚ぇ演説シーンだな(笑)


(*・ω・*)o
しかしその後はまともなシーンもあったね!
気づいてしまって、槍を川に捨てようとするヘスティアさんと、それを『ほかに方法はない』と説得するヘルメスさん。


(〃゚3゚〃)
これは、しょうがない部分もあるよな~。槍を捨てて放置すれば世界が滅ぶからな。


(*・ω・*)o
早い段階で対策できてればよかったのにね~。
一方、ベルくん&アルテミスさんは、泉のほとりで会話。昔のヘスティアさんのこととか、『まきこんでしまってすまない(アルテミス)』『大丈夫です、どんなモンスターが現れても倒してみせます、必ずあなたを守ります(ベル)』みたいな会話とダンス。作中最もきれいなシーン。


(〃゚3゚〃)
ここで二人の距離が縮まったかのような印象があるが、調べたところベルの固有スキルに『憧憬一途(リアリスフレーゼ)』ってのがあって、想いの強さに応じてパワーアップとのことだ。超威力専用武器&このスキルで、イチかバチか勝負を仕掛けるつもりだったようだな、ヘルメスは


(*・ω・*)o
それめっちゃ残酷・・・
で、本拠地突入時にはキャンプが敵襲撃をうけたので、ヘルメスファミリアが食い止めている間に、メインパーティーが神殿に潜入。
ちなみに二人増えてるけど、この方々は?


(〃゚3゚〃)
『リュー』と『アスフィ』だな。lv4で上位の冒険者とされているが、そもそもボスキャラが強力過ぎてレベルの意味がない(笑)


(*・ω・*)o
短い時間でレベル差戦闘描写とか、人間ドラマまで全部盛り込むのは難しかったのかな!
神殿内部はすでにアンタレスに乗っ取られており、卵から大量のさそり型モンスターが発生、戦闘へ。


(〃゚3゚〃)
ここら辺は、ファンタジー作品っていうより、映画エイリアンみてーな感じだったな(笑)


(*・ω・*)o
そして、一方オラリオ側でも、おじさんがギルドに『モンスターが異常発生・暴走してヤバい』と駆け込むなど、とんでもないことになっている様子。


(〃゚3゚〃)
いやー、もうギルドにも手に負えないだろ(笑)


映画・劇場版ダンまち-オリオンの矢の結末は?(ネタバレ有)

*以下ネタバレ含みます。

(*・ω・*)o
それでは、結末部分もみていきましょうか。
パーティは、アンタレスがいる部屋に突入。ここでは『アルテミスさんが既にアンタレスに喰われていた(ボディ中央クリスタル部分)』『アルテミスファミリアは全員死亡』『アンタレスは神の力を奪って地上を吹っ飛ばそうとしている』『今まで話していたアルテミスさんは武器召喚時のエネルギー残りの思念体であった』など、驚愕の事実が明らかに。


(〃゚3゚〃)
これはアンタレスを倒すとアルテミスも一緒に死ぬみたいなパターンだ。そりゃ、ヘルメスも隠すわ。


(*・ω・*)o
喰われる前だったら、何とかなったのにね~。
そういう状態を察したベルくん、オリオンの矢は使用せず、ナイフでアンタレスに応戦。しかし勝てるわけもなく、逆にピンチに。アンタレスの攻撃からベルくんを庇ったアルテミスさん思念体は消滅し、戦意は完全に消失
その間は、他の仲間たちが応戦するけど、アンタレスにダメージは通っていない印象。


(〃゚3゚〃)
リューは本作中では、雑魚なら一度に大量に瞬殺できる、強キャラの部類にはいるんだが、まったく効いていないな。


(*・ω・*)o
こりゃもう、槍の出番だね。ここでヘスティアさん登場。キメ台詞は『思いを無駄にしないでくれ、あの子の好きだった世界・愛した子供たちを、アルテミスを救ってくれ』で、ベルくん立ち直り、槍・ナイフの2段攻撃でアンタレスを粉砕。しかしそれはアルテミスさんの死を意味するよ。


(〃゚3゚〃)
こういう奴って、中途半端に生かすと、食った対象の生命力を奪って復活するパターンが多いからな。
圧倒的なヒロイン度のキャラだった故、ここで退場は切ない。


(*・ω・*)o
ほんとだよ(涙)
そして、ヘルメスさんは『これは神を殺す物語じゃなくて、泣いている女の子を救ってあげる物語だ』。


(〃゚3゚〃)
ヘルメスは彼をちゃんとフォローしてやれよな、ヘスティアの友達を救えなくてガン泣きしてるんだから。


(*・ω・*)o
いやーそれはヘスティアさんの役目かも。そしてアニメでよくある、精神世界みたいな描写

神も死んだら生まれ変わるんだぞ、千年後か、一万年後か(アルテミス)』『僕はもう生きていないですよ(ベル)』『生まれ変わったあなたにまた会える、その時は一万年分の恋しよ!(アルテミス)』といった会話。


(〃゚3゚〃)
ここでは『オリオン』って呼ばないんだな。まぁ、本気で自分のために戦ってくれる奴がいたら、好きになるのに10日もいらないだろう。ベルにとってヘスティアは崇拝対象だが、アルテミスは女性としてみているような感じが読み取れそうだ。


(*・ω・*)o
アルテミスさんなら、そんな感じするね!
で、彼女を助けられず落ち込むベルくん、『強くなりたいです(ベル)』『うん・・・(ヘスティア)』


(〃゚3゚〃)
『うん・・・(』の後、ピアノが入ってエンディング曲が始まる(以降会話音声なし)演出、余韻があって良いな!


(*・ω・*)o
だね。80分くらいで、ガッツリ原作を読み込んでる&アニメ全部見てるファンには物足りないかもしれないけど、ヒロイン死んでしまうわりには良いエンドだったよ。そして、『オメ~大丈夫だったかよ』みたいな会話をしてると想像できそうな最終シーン。


(〃゚3゚〃)
良かったが、配信だったので、入場者特典小説内容が確認できなかったのは残念だな。サイトでは『色褪せぬ旅路』『One Love』の2種がアナウンスされている。これで、はしょられた部分の補完をすると、感情移入度が高まりそうだな。今ではオークションや古本サイト・amazonマケプレなどで探すと見つかるかもしれん。


(*・ω・*)o
2~3回見せる気まんまんじゃん、そのエピソード入れて100分で作ってよ(笑)


関連記事

空気人形(ネタバレ含)あらすじ解説~心情のキーになるアイテムや、のぞみがあの結末を選んだ理由・救いのある要素とは?
打ち上げ花火(2017アニメ版ネタバレ含む)徹底解説~キーのメタ描写・分岐・エンディング演出etc~典道・なずなが選ぶ未来は?
映画・最終兵器彼女(実写版)ねたばれ・あらすじ&レビュー~色々と雑だけどバトルシーンは結構凝ってる!エンディングもコミック版よりわかりやすい!
【実写版・キューティーハニーTearsあらすじ・ネタバレ含】西内まりや・石田ニコルのスタイリッシュモデル対決・ハードSFな雰囲気と、原作との違いを楽しむ作品
【劇場版ソードアートオンラインOSを深夜アニメ知らん人がチェック(あらすじ・ネタバレ)】神田沙也加のミュージカル・チャンバラ・ラブコメ・切ない敵キャラなどと楽しめる作品