更新日: 2021年06月17日

【映画・Pompeii(ポンペイ)】火山噴火で『みんな死んだ』って思うじゃん?馬が生存してるかも!

(*・ω・*)o
おつかれー。先日、配信で映画『Pompeii(ポンペイ)』っていうのを見てみたんだけどね・・


(〃゚3゚〃)
紀元79年に、火山噴火による火砕流で埋まったとされる、イタリアの古代都市ポンペイを題材にした映画だな。(ノ∀`)アチャーな方のポール・アンダーソン監督で、内容も(ノ∀`)アチャーといわれているよな。何といっても、噴火が全てぶっ壊して、なかったことになるからな(笑)


(*・ω・*)o
まー確かにそうなんだけど、全滅バッドエンドかっていうと、そうでもないんだよね。馬が生存している可能性があるからね!


(〃゚3゚〃)
では今回は、ストーリーとかは適当に流して、馬が生存できたポイントを確認していくか。


映画・Pompeii(ポンペイ) 予告編/データ

■スタッフ
監督:ポール・W・S・アンダーソン
脚本:ジェネット・スコット・バチェラー/リー・バチェラー/マイケル・ロバート・ジョンソン
製作:ポール・W・S・アンダーソン/ロバート・クルツァー/ジェレミー・ボルト/ドン・カーモディ
音楽:クリントン・ショーター
撮影:グレン・マクファーソン
編集:ミッチェル・コンロイ
製作会社:サミット・エンターテインメント
配給:フィルム・ディストリクト / トライスター・ピクチャーズ / ギャガ

■キャスト
キット・ハリントン(剣闘士マイロ役)
エミリー・ブラウニング(カッシア役)
キャリー=アン・モス(カッシアの母 アウレリア 役)
アドウェール・アキノエ=アグバエ(剣闘士アティカス役)
ジェシカ・ルーカス(カッシアの侍女 アリアドネ役)
ジャレッド・ハリス(カッシアの父 セヴェルス役)
キーファー・サザーランド(元老院議員 コルヴス役)
サッシャ・ロイズ(コルヴス部下 プロキュラス役)

映画・Pompeii(ポンペイ)の登場人物は?

剣闘士 マイロ(演:キット・ハリントン)

(*・ω・*)o
主人公っぽい方。一部の映画ファンにグラディエーターのパクリとかいわれているのは、主人公キャラのジョブが剣闘士だから。ローマ帝国と因縁があるとか。


(〃゚3゚〃)
そういう因縁とかぶっちゃけどうでも良くなるのが、この映画の魅力だ(笑)


強いほうの剣闘士 アティカス(演:アドウェール・アキノエ=アグバエ)

(*・ω・*)o
マイロのライバル兼友人みたいなポジションの方。戦闘能力はこっちの方が高いね!応援してるよ!


(〃゚3゚〃)
マイロが剣使用の戦闘で完封された相手を倒してますからね!


コルヴスとは結婚したくない カッシア(演:エミリー・ブラウニング)

(*・ω・*)o
たぶんデコ出しにしないほうが可愛いと思う、本作のヒロイン(?)コルヴス元老院議員に配偶者的な意味で狙われているけど、ローマを嫌ってて、結婚したくない感じ。


(〃゚3゚〃)
コルヴスとくっつこうが、プロット的にはぶっちゃけどうでもいいって印象だったな(笑)ポイントは、『馬を飼ってる』ってとこだ。


コルヴス元老院議員(演:キーファー・サザーランド)

(*・ω・*)o
ポンペイ市に、投資関連の話題で訪れるローマ帝国有力者。狙いは貴族の娘とかも。スタンドバイミーの口先だけヘタレヤンキー・エースでおなじみの、キーファー・サザーランドさんが担当。


(〃゚3゚〃)
あいかわらず、ガラ悪い役やってんなあ(笑)


強い?コルヴス部下 プロキュラス(演:サッシャ・ロイズ)

(*・ω・*)o
コルヴス部下の、ローマの騎士。戦闘能力は高くて、一対一ではマイロを完封する面も。


(〃゚3゚〃)
マイロは雑魚兵士・グラディエーター相手には無双できたが、このクラスが出てくるとどうにもなかったな。


カッシア父・セヴェルス(演:ジャレッド・ハリス) カッシア母・アウレリア(演:キャリー=アン・モス)

(*・ω・*)o
おそらくはポンペイ市の有力な貴族。娘がコルヴスを拒んでおり、立場上は微妙な感じ。



(〃゚3゚〃)
娘を渡したほうが、取引的にはまとまりそうな感じがするが、厳しいところだな。


カッシアの侍女 アリアドネ(演:ジェシカ・ルーカス)

(*・ω・*)o
ギリシア神話を題材にした作品なら主役っぽい名前なんだけど。お小言・地割れに巻き込まれるなどくらいしか見せ場がないのは悲しいところ。次回作に期待かな!


(〃゚3゚〃)
まあ、次回作ありませんけどね(笑)


唯一の生存者に?ヴィレス(ただし馬)

(*・ω・*)o
カッシアが飼っている白い馬。動物の勘というのか、地震・噴火などにはいち早く反応。


(〃゚3゚〃)
サバイバーが馬というのはあり得るかもしれんな。79年のヴェスヴィオ噴火は、相当速い火砕流が発生したといわれていて、人間が走っても逃げきれないが、馬ならワンチャンってとこか。


映画・Pompeii(ポンペイ)のあらすじは?

(*・ω・*)o
それでは、あらすじを見ていってみましょう。全部噴火で吹っ飛ばすから、あまり詳細に語ってもアレなんで(笑)
オープニングは、ローマ帝国のコルヴスが、ケルト騎馬民族の反乱を鎮圧するシーン。とはいっても、ほぼ惨殺。一人生き残って、その後剣闘士になる、ショタマイロ。


(〃゚3゚〃)
こういうシーン、ブレイブハートにもなかったか(笑)


(*・ω・*)o
ウォレス幼少期のやつだね!
そして、ポンペイ市のぶどう収穫祭(剣闘士のイベントがあります)にむかう途中、病気or怪我で苦しんでいる、カッシアの馬に安楽死処置をしてあげるマイロ。


(〃゚3゚〃)
さすが騎馬民族出身だけあって、馬の状態をきちんとわかっているな。馬車にのっている貴族は、全く気付いていなかったようだな。


(*・ω・*)o
このカッシアには飼っている白い馬がいて、名前がヴィレス。ヴィレスを馴らすため、乗って準備運動させるカッシア気の召使い。しかしヴィレスは、地震などに反応して、召使いを振り落として逃げてしまうよ


(〃゚3゚〃)
なお、この召使いは、そのまま地割れに落ちて死んだようだな。馬に人命まで優先させるのは、さすがに酷な話だ。


(*・ω・*)o
そこはしょうがないよね。
一方、剣闘士のイベント前、手合わせしているマイロ&アティカス


(〃゚3゚〃)
メイン戦闘はこの二人が行うんだが、アティカスのほうがカッコイイ、と思う人が多いだろう(笑)


(*・ω・*)o
アティカスはカッコいいんだよ!
一方、元老院議員になっていたコルヴスと、ポンペイ市の有力貴族である、カッシア両親のミーティング。市のインフラへの投資みたいな話題だけど、コルヴスの狙いは娘のカッシア。しかし、ローマがイヤで戻ってきたカッシアは、コルヴスとくっつくのは断固拒否。


(〃゚3゚〃)
個人的にカッシアがあんまり好みでもないし、キャラもそんなに見えていないんで、コルヴスが入れ込む理由がまったく見えんな(笑)有力貴族の娘を嫁にしとくというのは、政治的な意味はあるのだろううが。


(*・ω・*)o
ただの政略結婚です。
しかしポンペイ市付近のヴェスヴィオ火山が、一回目の小さい噴火噴火を敏感に察知して暴れるヴィレスと、なだめるマイロ。コルヴスとくっつきたくないカッシアは、乗って一緒に脱走しますが、サックリ捕まります。マイロはむち打ち刑に。


(〃゚3゚〃)
79年で、災害データの蓄積とかなかったから、この時点では馬以外は誰も逃げるそぶりは見せないな。今ならNHKやyahooなどが、トップにデカデカと災害速報を出してくれるんだろうが。


(*・ω・*)o
この時点で逃げてればって思うよね~。
そして剣闘士のイベントがある日。闘技場の地下のクラックが気になっている、奴隷剣闘士オーナー・グラセウスと、『やる。自分が全責任を負う』と話すカッシアの父セヴェルス。


(〃゚3゚〃)
いやー、そこで見栄を張ってんじゃねぇよ(笑)


(*・ω・*)o
イベントで権力誇示でもしたいんじゃないかな~。
イベント日、内容がこっそり変わっていて『大人数の兵士で、少数の奴隷剣闘士と戦う(マイロ達を消すのが目的?)』というもの。しかし、全員倒して、生き残っちゃうマイロ&アティカス。食って掛かったカッシアを幽閉するコルヴス。


(〃゚3゚〃)
逆に、剣闘士の強さアピールになってしまったな。


(*・ω・*)o
その後は、コルヴスの部下でローマ軍最強のプロキュラスが登場。マイロでは彼に勝てませんが、大丈夫です。


(〃゚3゚〃)
火山噴火でバトルが中断しているじゃねーか(笑)


(*・ω・*)o
で、噴火から逃げるみんな。ただし、港も津波の発生で使えません。流されそうになった子供を助けている、アティカスの描写。


(〃゚3゚〃)
アティカスはただの奴隷剣闘士なんだが、だんだんヒーローみたいに思えてきたな!


(*・ω・*)o
そして、人の足では火砕流から逃げられないので、馬を回収にコロシアムに戻るマイロ・アティカス・カッシア。しかしコルヴス・プロキュラスがまだ生存しており、コルヴスはカッシアを馬車で拉致。『プロキュラスは俺がやるから先に行け』と、敵の足止めを買って出るアティカス


(〃゚3゚〃)
もうさー、主人公は馬とアティカスで良いような気がしてきたよ(笑)


(*・ω・*)o
で、マイロはコルヴスを追いかけてるんですけど、噴火の勢いがだんだん強くなってますね~。


(〃゚3゚〃)
これで大丈夫なわけがないだろ(笑)


映画・Pompeii(ポンペイ)の結末は?ヴィレス(馬)は生存できたのか?(ねたばれ)

*ねたばれ含みます。

(*・ω・*)o
それでは、生存者がいるのか気になる結末を見ていってみましょう!
燃えるコロシアムでの、プロキュラスVSアティカスの最終バトル。ローマ最強の騎士を相手に、いい勝負してるアティカス。一方、マイロを乗せ、コルヴスの馬車を追跡するヴィレス。


(〃゚3゚〃)
マイロはそこまで活躍している感じはしなかったが、騎馬追跡シーンはなかなかカッコ良いな!


(*・ω・*)o
その後は、プロキュラスVSアティカス戦の決着も。刺されてしまうけど、プロキュラスの剣をへし折って腕をロック・折った剣で首の血管を突いて、プロキュラスをしとめるアティカス。


(〃゚3゚〃)
いやー、アティカスもかなりのダメージを負ってしまったな。火砕流から逃げきれないだろうが、非常に残念だ。


(*・ω・*)o
アティカスのバトル良かったよ!
一方のマイロはコルヴスとの戦闘。地震が発生し、体勢を崩すコルヴスの隙をついて、彼を鎖で馬車に括り付けるカッシア。コルヴスは、そのまま火砕流に飲み込まれてお亡くなりに。


(〃゚3゚〃)
カッシアが括り付けた?マイロさん、倒してませんよね(笑)


(*・ω・*)o
マイロは主要な敵キャラ倒してないね!
そして、自由の身になったことを喜びながら、火砕流に飲まれるアティカス。


(〃゚3゚〃)
できれば逃げ切っていただきたかったが、あのダメージでは仕方ない印象だな・・


(*・ω・*)o
その後、カッシアとマイロを乗せて、逃げるヴィレス。馬とはいえ二人乗せてては、逃げきれません。振り落とされた後、『二人では馬が遅くなるから、カッシアだけでも馬で逃げろ』というマイロ。


(〃゚3゚〃)
二人乗せだと、推定最高速度 50km/h~ってとこか。これではムリそうだ。


(*・ω・*)o
しかし、『お行き!』って、ヴィレスだけ逃がすカッシア。主要キャラ全員死んだって言われる本作品だけど、ヴィレス生存の可能性が出たね!


(〃゚3゚〃)
見た感じ、火砕流の流れる方向から迂回して逃げたようだな。ポンペイ市の遺跡では、馬が死んでた跡なども見つかっているが、本作のヴィレスに関してはここからトップスピードで逃げたとなると、生存した可能性が高い


(*・ω・*)o
てことは、馬視点だとハッピーエンドな感じもするね!

総評としては、全員死亡バッドエンド映画だと思ってたけど、『馬が生き残った』『アティカスがカッコイイ』の2点は評価できるかな!


(〃゚3゚〃)
カッシア×マイロみたいな悲劇のカップル描写が狙いなんだろうけど、サクッとスルーしてしまったな(笑)


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【映画ジャッキー・ブラウン(あらすじねたばれ含む)】バイオレンス控えめ&ほんのり大人のラブコメで、タランティーノ初めてならおススメ!
【映画エンド・オブ・ホワイトハウス】F22空中戦・占拠された大統領官邸潜入ミッション・派手な銃撃戦で動きがあり、面白い!
【映画 The Age of Adaline(アデライン100年目の恋)】科学的根拠ガバガバのロマンシングストーリー(笑)『不老不死は幸福か』哲学的テーマも
【映画ドリームガールズ紹介(あらすじ・ネタバレ含む)】ディーナ(演ビヨンセ)を食っちゃった?エフィがパワフル歌などで、主人公的に大活躍!
【映画 奥さまは魔女(ねたばれあらすじ含)】ドラマ版と違いTV業界もの~異なる点・人物・あらすじなど解説